不動産売買を実施する際に何にもまして留意しなければならないのは、売買物件であるのではなく、本心から言うとすれば・・・