借りたいのは、今でしょ!!即日キャッシングが可能な消費者金融系カードローンなど紹介しています

キャッシング戦士

プロミス

ブラックでもプロミスからお金を借りる事は出来るのか?

投稿日:

お金が急に必要になったとき、あなたはどうしますか?
貯めに貯めた貯金を切り崩しますか?
まぁ、貯金がある方はそのような悩みを持たないものです。
なんとかしてお金を準備する必要がある時には、なりふり構っている暇はありませんよね。
プロミスなどの消費者金融であれば、最短で30分程度で借り入れ可能か審査してくれますし、早ければその日のうちにお金を振り込んでくれます。
また、プロミスはインターネットなどで調べると、審査が通りやすいなどの情報があります。
しかし、消費者金融を利用する上では、まず審査に通らなくては借りることはできません。
「ブラックリストに名前が載っている」なんて話を聞いたことがあると思いますが、お金を借りることが非常に難しくなるブラックという仕組みがあります。
今回は、ブラックでもプロミスからお金を借りる事は出来るのか?というテーマで以下の

  • そもそもブラックとは?
  • ブラックでもプロミスでお金を借りられた人がいるのか?
  • ブラックでもお金を借りる方法

について解説していきます。
ブラックなどの、分かりにくい仕組みについて分かりやすく説明していきますので、ぜひ最後までお読みください。

そもそもブラックとは

ここから、そもそもブラックとはどういうことをいうのか解説していきます。

ブラックリスト=事故情報

世間一般的にブラックと言われているのは、金融事故(延滞・代位弁済・契約解除など)を起こした人のことを指します。
実際にブラックリストというリストがあるわけではありません。

信用情報とは

銀行や消費者金融、クレジットカード会社は、各業態で異なるとはいえ、それぞれ信用情報機関という、国民の信用情報を調査する方法を持っています。
信用情報とは、その人の氏名・フリガナ・性別・住所・生年月日・電話番号などの個人情報と、どのような借入があるか、クレジットカードなどの契約があるかなどの情報について、契約日・借入金額・支払状況などについての情報が確認できます。
では、何をもってブラックとするかですが、それは基本的には、その人に「事故情報」
があるかないかで決まります。
事故情報は、信用情報の中でも「延滞情報」、「契約解除」、もしくは総括して「異動情報」としている情報となります。
銀行や消費者金融、クレジットカード会社は、単純に信用情報にマイナスの情報を載せたりはしません。
何度も督促などの通知や電話をしていても、貸し出したお金が帰ってこない場合に最後の手段としています。
つまり、ブラックであるかないかに関してはある程度自分自身でわかっている・心当たりがあることとなります。
事故情報がある時には基本的に融資は受けられません。
事故情報は個人の信用を図る上で重要な情報になりますので、借り入れする際には気をつける必要があります。

ブラックでもプロミスでお金を借りられた人がいるのか?

ここまで、ブラックとは何かについて説明してきました。
ここからは、ブラックでもプロミスでお金を借りられた人がいるのか、について解説していきます。
前述のように、貸出をする際、信用情報機関で個人の信用情報を調査している会社では事故情報がある方では利用することができません。
プロミスも、信用情報機関で個人の信用情報をまず最初に確認してから利用の可否を判定します。
それでもなぜ、「ブラックなのにプロミスでお金を借りることができた」という書き込みがあとをたたないのでしょうか。

そもそもブラックではなかった

これが一番多い理由であると考えられます。
まず一般の方は、ちょっとしたことで自分がブラックであると考えます。
例えば、クレジットカードの引き落としができず、振込で毎月支払う状態が続いているや、携帯の利用料金を口座引落できず、払込用紙で支払っているなどです。
信用情報機関は個人の信用情報を登録し、開示する機関です。
登録されている情報が個人の人生を左右するほどの効力を持っていることを知っています。
登録されてしまうような情報とは、支払う気がないであるとか、支払うことが不可能である状態により、契約自体を終了せざるを得ない人しか登録されません。
毎月遅れながらでも支払っている人は、遅れている月数によりますが、登録されません。
もし、登録されているかどうかが心配な方は、ご自分で調べる方法がありますので調べてみるのも一つでしょう。

ブラックだったけど、ブラックを卒業していた

これはなかなかない話かもしれませんが、前述のような理由で、ブラックになってしまったことが分かっている人でも、登録された情報によれば、最長で10年程度でブラックの情報は消されます。
一度ブラックになってしまった人はいつまで自分がブラックかとは教えてもらえません。
しばらく借入などから離れていて、いつの間にかブラックでなくなった人が、プロミスなら通りやすいと思い申込をし、審査に通ってしまったことが考えられます。
結果として審査に通ってさえしまえば、借入は可能であるということになります。
以上のような二点が、ブラックでもプロミスで借りられた人がいるという理由になります。

ブラックでもお金を借りる方法

ここまで、ブラックでもプロミスでお金を借りられた人がいるのかについて説明してきました。
ここからは、ブラックでもお金を借りる方法について解説します。
ブラックでありながらお金を借りるということは、信用情報に事故情報が載っているということを気にしないところからお金を借りればよいのです。
銀行や大手の消費者金融、クレジットカード会社以外のところからお金を借りることになります。
信用情報機関に加盟していないことが条件になります。
そうなると、街金や中小規模の貸金業者から借入をすることになるため、リスクがあることを認識する必要があります。
借入の金利が高いことも予想されますし、もしかすると違法な金利で貸出を行っている業者かもしれません。
支払いが遅れた際の取立も銀行や消費者金融、クレジットカード会社のように生温いものではありません。
可能であればそのような形での借入はお勧めできません。
もし、それでも借入を行う決断をなさるのであれば、必要以上のお金は借りない・借入期間は最短の期間で利用すべきです。
それだけの大きな決断をするのであれば、その前にその勇気を使って、ご家族や親戚の方に相談するなどし、なるべくであれば利用しないようにしてください。

まとめ

ここまで、ブラックでもプロミスからお金を借りる事は出来るのか?というテーマについて様々な角度から説明してきましたが、いかがでしたか。
結論は、本当にブラックであれば、プロミスのみならず、大手の消費者金融ですら借入することはできません。
ブラックというなかなか分かりにくい点についても分かっていただけたかと思います。
現在は、スマホやインターネットなどでも簡単に借入ができる時代になりました。
その結果、計画的な返済をすることができず、借入金額が膨れ、結果ブラックになってしまう方も多いのが実情です。
銀行や消費者金融、クレジットカード会社どこから借入しても返済は必要です。
ブラックになることのリスクをよく理解して借入するようにしましょう。

-プロミス
-, ,

Copyright© キャッシング戦士 , 2019 All Rights Reserved.