借りたいのは、今でしょ!!即日キャッシングが可能な消費者金融系カードローンなど紹介しています

キャッシング戦士

未分類

家を出たい。。無職でも実家を出た方が良い理由

投稿日:

家を出て自由になりたい。

毎日実家で生活を送っていれば、誰もが一度は考えたことがあると思います。

家にいると息が詰まる・常に親に監視されているような気がする・やりたいことがあっても親に反対されてしまうんじゃないかと思ってしまうなど、親と同居していることで精神的に健康でいられない方って実際に多いのです。

じゃあ、早く家を出て一人暮らししちゃえばいいじゃないかと言われると思いますが、自分が定職に就き、安定した収入があればすぐにでもそうしたいけど、現在無職だから先立つものがないと尻込みしてしまう方が多いのも事実です。

この文章では、無職でも実家を出た方が良い理由について

  • 家を出たほうが良い理由
  • 無職でもアパート借りられる?
  • 親と子について

の内容を中心に解説します。

無職でも実家から出たいと考えている人の後押しになれるような内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

家を出たほうが良い理由

ここからは、家を出たほうが良い理由について解説します。

まず、家を出たいと思うに至る原因についてお話します。

自分の行動の一挙手一投足について苦言を呈す

親にとって私達子供は自分の分身です。

自分の鏡のように私達を見ています。

親は自分自身の嫌な部分を私達子供の中に見つけます。

自分自身の嫌な部分が自分の分身である私達の中に見えたとしたら、そこを注意したくなる気持ちは分からなくはありませんが、鬱陶しいものですよね。

私達は普段通り生活していたとしても、「あーしなさい、こーしなさい」と何に対しても口を出してきます。

流石に我慢の限界が来てしまい、大声で怒鳴り散らしてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、大半の方は心の中にイライラを溜め込んでしまいます。

そうすることで精神衛生上・精神的健康に悪影響なことは簡単に想像できますよね。

親にとっては悪気はないかもしれませんが、毎日聞かされる側としては溜まったもんではありませんね。

生活スタイルについて干渉してくる

生活スタイルというぼんやりとした表現を使いましたが、就労状況・交友関係・生活態度全般を表しています。

就労状況については、定職についているのか、就いていない場合は就職活動の状況について毎日のように聞いてくる。

交友関係は、「ああいう人と付き合わない方がいい」など自分の大切にしている友人について悪い言葉をかける。

もちろん悪気があるわけではないでしょうが、血のつながった親の言葉だから尚更不快に感じてしまうものです。

過度な期待をかけてくる

これは少しテイストが異なりますが、親が自分の子、つまり私達に過度な期待を寄せてしまうパターンです。

これは、親からすれば愛情でしかないのですが、寄せられた側としてはプレッシャー以外の何物でもありません。

親の期待が大きいほど、ミスできないというプレッシャーに押し潰されて鬱になってしまう人は大勢います。

この他にも様々な家を出たくなる理由はあると思いますが割愛します。

どうでしょう?家を出たほうがいい理由が見えてきているでしょうか。

親はいつまでたっても親です。

途中で変わってしまうことはほとんどありません。

実家=親の住まいである以上、親のテリトリーの中での生活を余儀なくされます。

精神的に崩壊してしまう前に家を出た方が良いのです。

無職でもアパート借りられる?

ここまでは家を出たほうが良い理由について説明してきました。

ここからは無職でもアパートが借りられるのかについて解説していきます。

結論から言えば不可能ではありませんが、非常に厳しいと言わざるを得ません。

基本的にはそのような相談があった場合は、毎月の収入がないと無理ですとお答えしているのですが、今回は大きな決断をする方のためですので、テクニック等についてお伝えします。

安定した収入のある人に保証人になってもらう

アパートを契約する際には、賃貸契約書という大家さんと自分とが交わす契約書があります。

その契約書には、入居する上での約束事が様々書かれていますが、その契約を結ぶのに保証人が必要となります。

この場合の保証人は、借主(私たち)が家賃などを滞納した場合には代わりに支払うことや、ものを壊したりしてしまった際に借主と一緒に支払いなどの責任を負わなければならない人になります。

一般的には両親になってもらうケースが多いものですが、家を出たいと言う状況で頼むことは難しいでしょう。

ですので、友人や相談に乗ってくれるような親戚を頼りましょう。

大家さんは契約する際には、借主がどのような人かなんてわかりません。

要は保証人がどのような人かが大事になってきます。

可能であれば、有力な保証人さんを探しましょう。

定職の内定通知を手に入れる

これは、取れれば無職じゃなくなってしまいますが、就職活動をした結果内定通知をもらってから不動産屋さんに行くと印象がいいと思います。

保証会社を利用するアパートを選択する

最近のアパートは、保証会社の保証を利用するところが増えてきています。

条件によりますが、保証会社を付けることで保証人が不要な場合もあります。

保証会社については、一点注意が必要です。

それは、携帯料金の滞納による利用停止や、カードローンの長期延滞、ローンやクレジットの代位弁済を受けたことがあると、保証会社の保証が受けられない場合があることです。

大手不動産会社に状況を説明してアドバイスをもらう

不動産会社は、保証人をつけたり保証会社をつけたりと、なんとかしてアパートを貸さないようにしているわけではありません。

どちらかと言えば借りて欲しいのです。

もし、1月から3月までの繁忙期(学生が借りたり、新入社員が新居を借りたりと不動産会社が忙しい時期)以外であればゆっくりと話ができ、相談にも乗ってもらえます。

相談の中で、自分の状況を説明し、家賃の滞納は絶対にしない旨しっかり話してアドバイスをもらうと良いでしょう。

門前払いするような不動産会社であれば、そもそも相談する必要もありません。

逆に街の不動産会社に行ってみる

これも有効な手段の一つになりますが、街のおじさんが経営してる不動産会社に相談に行きましょう。

何がメリットかというと、街の不動産会社に登録されているアパートは、ホントに小規模なものから永年登録されています。

築年数が相当経っている場合もありますが、念願の一人暮らしは可能です。

また、街の不動産会社だと、同様の相談がたくさんあり、経験が豊富な場合が多いので、相談してみる価値はあります。

マンスリータイプのアパートにする

これは、ホテルに泊まるのと同様で、月での契約となり、長期の契約に比べ契約が結びやすくなっています。

毎月の契約のタイプが一般的ですが、一年分の賃料を前払いで入居するタイプもありますので、期間で区切る契約も検討に値すると思います。

以上のようなポイントを中心に検討することで無職でもアパート契約の可能性が出てくると思います。

親と子について

ここまで、無職でもアパートは借りられるのかについて説明してきました。

ここからは少し角度が変わりますが、親と子についてお話したいと思います。

私の経験や職業柄知り得たことについて説明してきました。

しかし、経験や知識では語れないことはあります。

親の気持ちは子には分からない。

これは恐らく人間がこの世に生まれて以来の問題点だと思います。

あなたも人の親になれば分かるよとよく言われたものです。

実際に今親になってもわからない部分はたくさんあります。

しかし、親である以上、子供に不幸になってもらいたいと思っている人はいません。

お互いに分かり合えていないと思っていても子供のことを思っています。

それは無条件の愛情でもありますし、お金でも買えないものです。

どうか一時の気の迷い、勢いで家を出ようと思っている方は少し深呼吸してから決断するようにしてください。

まとめ

ここまで、無職でも実家を出た方が良い理由について説明してきましたがいかがでしたか。

今回の内容は以下の通りでした。

  • 家を出たほうが良い理由
  • 無職でもアパート借りられる?
  • 親と子について

アパートを借りることさえできれば独り立ちするのに大きな1歩となります。

初めての一人暮らしであれば、自立の始まりです。

希望に満ちた人生をぜひ楽しんでください。

-未分類
-, ,

Copyright© キャッシング戦士 , 2019 All Rights Reserved.