借りたいのは、今でしょ!!即日キャッシングが可能な消費者金融系カードローンなど紹介しています

キャッシング戦士

paypay

paypay,Linepay,楽天payどれを使ったら良いのか?paypayの100億あげちゃうキャンペーンは12月13日で終了!!

投稿日:

2018年11月より登録が開始された「PayPay」。宮川大輔さんをキャラクターとしたCMや、PayPayでの支払いができる店舗内での大々的なポスター、PayPayを取り上げたニュースなど、日本全国でPayPayフィーバーが起こっています。

しかし、実際のところ、PayPayという名称は知っていても、どのようなものであるかを知らない方もまだまだ多いのではないでしょうか。

今回は、PayPayをはじめとするキャッシュレス決済のうち、どれを使用するとお得なのか。そして、PayPayのきっかけとなった「100億あげちゃうキャンペーン」について、ご紹介したいと思います。

※100億あげちゃうキャンペーンは12月13日で100億円をあげちゃったので、終了しました。。

1.今話題のPayPayとは?

PayPay(ぺいぺい)とは、IT大手のソフトバンク株式会社と、ヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社が提供している、新たなスマホ決済サービスです。PayPayでは、バーコードやQRコードを使った決済が可能です。PayPayを使うには、Yahoo!JAPANアプリやPayPayアプリからバーコード等を表示させるだけで良いため、iOS・Androidのどちらスマートフォンでも使用できるサービスとなっています。

2.スマホ決済サービスとは?

スマホ決済サービスとは、現金やクレジットカードを使うのではなく、スマートフォン内のサービスを使って、決済を行うサービスのことです。ここ数年でスマホ決済サービスは急速に拡大しており、スマホ決済サービス対応の加盟店へ買い物に行く際には、財布を持たずにスマートフォン1台あれば、会計ができてしまいます。
先に挙げたPayPayの他に、コミュニケーションツールでおなじみのLINEや、ショッピングやトラベルといった様々なサービスを展開している楽天が、スマホ決済サービスの先駆けとなっています。

3.PayPay・LINE Pay・楽天ペイの比較

3サービスの主な内容の比較表は、以下の通りです。

PayPay LINE Pay 楽天ペイ
紐付けアカウント Yahoo! JAPAN ID LINEアカウント 楽天ID
付与ポイント なし LINEポイント 楽天ポイント
チャージ方法 ・PayPay残高
(銀行口座)
・Yahoo!マネー
・クレジットカード
・銀行口座
・LINE Pay カード
・コンビニ
・クレジットカード
その他 ・「100億円あげちゃうキャンペーン」実施中 ・LINEの友だちへの送金や割り勘が可能 ・様々なキャンペーンを実施

3サービスには、上記のような特徴がそれぞれありますが、どのサービスを使ったら良いか悩みますよね。そこで、3点の選び方をご紹介したいと思います。

(1)紐付けられているアカウントで選ぶ

3サービスは、紐付けられているアカウントが異なっています。PayPayは「Yahoo! JAPAN ID」、LINE Payは「LINEアカウント」、楽天ペイは「楽天ID」です。そのため、既に所持しているアカウントがあれば、そのサービスを使用することにより、新たにアカウントを作成する手間を省くことができます。いずれのアカウントもかなりメジャーなものになるので、既に複数のアカウントを持っている方は、(2)以降の選び方を参考にしてください。

(2)チャージ方法で選ぶ

スマホ決済サービスは、事前にチャージ方法を設定しておかなければ、サービスを利用することができません。チャージ方法については、主なものとして、銀行口座・クレジットカードが挙げられます。そのため、クレジットカードを所持していない方でも、スマホ決済サービスを利用することができるのです。
また、LINE Payであれば、コンビニでチャージをすることもできるため、学生も気軽に利用することができますよ。
3サービス共、利用できるチャージ方法が異なっているため、自分がチャージしやすい方法が導入されているサービスを選ぶと良いですね。

(3)使える場所で選ぶ

現金やクレジットカードと異なり、スマホ決済サービスはまだまだ利用できる加盟店が少ないことが現状です。せっかくサービスに登録しても、普段利用する店舗等が加盟店でない場合、全く意味がありません。そこで、よく利用する場所で利用できるかどうかは大きなポイントと言えます。
PayPayは、まだ始まったばかりのサービスであるため、加盟店は非常に少ないです。ですが、ファミリーマートや家電量販店、居酒屋での導入から行われているため、普段利用しているお店が対応していれば、登録してみても良いかもしれません。
LINE Payと楽天ペイは、PayPayとは異なり、どちらも加盟店の多さが魅力です。日本全国に多くの加盟店があるため、普段利用する店舗でも既に導入されている可能性もあります。そのため、使える場所で選ぶ場合は、LINE Payもしくは楽天ペイを選択することをオススメします。

4.PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」とは?

冒頭で触れた通り、PayPayでは現在、「100億円あげちゃうキャンペーン」を開催しています。このキャンペーンは、期間中にPayPayで支払いをすると、支払い金額の20%がキャッシュバックされるというものになります。日常の食料品の買い物などではあまり恩恵は大きくないかもしれませんが、電化製品等の大型の買い物であれば、かなり嬉しいキャンペーンと言えそうです。
また、抽選で40回に1回、全額がキャッシュバックされるという特典も付いています。この確率は、Yahoo!プレミアム会員であれば20回に1回、ソフトバンクのスマートログイン設定もしくはY!mobileの初期設定が済んでいれば、10回に1回に上がるため、これらのサービスに既に登録している場合は、非常にチャンスのキャンペーンですね。
しかし、このキャンペーンには注意点が3点あります。

(1)キャッシュバックの限度額

全額キャッシュバックに当選した場合であっても、最大10万円と決まっています。そのため、10万円を超える支払い金額の場合に当選したとしても、10万円までしかキャッシュバックされません。
また、1ユーザあたりの月額のキャッシュバック上限金額が5万円までと決まっているため、5万円に達した時点で、その月にキャッシュバックを受けることはできなくなります。

(2)キャンペーンの終了時期

本キャンペーンは、2019年3月31日いっぱいまでとなっています。しかし、キャンペーン名の通り、キャッシュバック金額が100億円に達した時点で終了となります。キャンペーン終了時にはお知らせが出る旨がホームページ上に書かれていますが、現在の合計金額が出ているわけではないため、いざPayPayを利用したときまでキャンペーンが続いているかどうかは分かりません。常に最新の情報を確認するようにしましょう。

(3)キャッシュバック金額の付与時期

PayPayの支払いが完了した時点で、その支払いでいくらのキャッシュバックが行われたかが分かります。しかし、キャッシュバックの金額がすぐに反映されるわけではありません。そのため、すぐにキャッシュバックされた金額を使いたいと思っても利用でいないため、ご注意ください。

 

PayPayをはじめとするスマホ決済サービスについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?まだまだ発展途上のサービスではありますが、これから本格的に普及すること、間違いありません。今のうちから自分に合ったスマホ決済サービスを見つけて、ぜひ積極的に活用してみてくださいね。

-paypay
-, , ,

Copyright© キャッシング戦士 , 2019 All Rights Reserved.