借りたいのは、今でしょ!!即日キャッシングが可能な消費者金融系カードローンなど紹介しています

キャッシング戦士

プロミス

プロミスへ源泉徴収を提出しない場合はどうなるのか?

投稿日:

  • 「プロミスは源泉徴収を提出しないと借入できないの?」
  • 「源泉徴収を提出できない場合はどうなるの?」
  • 「プロミスは源泉徴収がなぜ必要なの?」

これからプロミスにお申し込みされる方や現在プロミスを利用されている方の中には、この様な源泉徴収の提出についてよく理解されていない方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はプロミスへ源泉徴収を提出しない場合はどうなるのか?といったことについて徹底調査してみました。

また、プロミスの源泉徴収提出キャンペーンといったことについても詳しく解説しています。

これからプロミスにお申し込みされる方や今現在プロミスを利用されているといった方は、ぜひ最後までご覧ください!

プロミスから源泉徴収の提出をお願いされる場合

まず、プロミスから源泉徴収などの提出をお願いされる場合についてご紹介したいと思います。
プロミスの公式ホームページでは、以下の内容に該当するお客様が源泉徴収などの収入証明書類の提出が必要となっていますので、今一度確認しておきましょう。

  • ご提出いただいた収入証明書類の発行日から、3年以上が経過した方
  • プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
  • プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方

これらの項目に該当される方は、プロミスから源泉徴収などの提出を求められることになりますので、事前に準備しておくといいでしょう。

収入証明書類の提出方法には、以下の3つがあげられます。

1.アップロード・Eメール・スマホアプリ・ご郵送

プロミスの会員サービス画面にログインして「各種お申込み」→「収入証明書類送信」から、アップロードやEメール、スマホアプリ、ご郵送のお好きな提出方法を選び、お手続きしていきましょう。

2.ご来店

プロミスの自動契約コーナーやお客様サービスプラザに直接、源泉徴収票などの収入明細書類をご持参する提出方法も可能。

3.FAX

プロミスコールにお問い合わせすることで、FAX番号を教えてもらえます。「収入証明書類をFAXで提出したいのですが」とお問い合わせするといいでしょう。※プロミスコール(0120‐24‐0365)

上述した項目に該当される方は、こちらの3つの提出方法からお好きなものを選んで源泉徴収票などの収入証明書類を提出するようにしてください。

プロミス新規お申し込み時に源泉徴収を提出しない場合

それでは、本題のプロミスへ源泉徴収を提出しなかった場合は一体どうなるのか、新規お申し込み時から説明していきたいと思います。

プロミスの新規お申し込み時に源泉徴収票などの収入証明を提出しない場合には、総量規制に該当しない範囲内での利用減額度が設定されることになってしまいます。

総量規制とは、個人の借入総額が原則、年収の3分の1にまで制限される仕組みをいいます。

そのため、上述したような「プロミスのご利用限度額が50万円を超える方」や「プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方」は源泉徴収票などの収入証明書が必要となるのです。

なので、借入希望額がこれらの金額を超える場合には、源泉徴収票などの収入証明書を提出できなければ借入できません。

仮に審査に通ったとしても、総量規制に該当しない範囲内での融資となってしまいます。

また、他社での借入が100万円を超えている場合には、源泉徴収票などの収入証明書を提出しない限りは審査すら進めることができません。

プロミスご利用中に源泉徴収を提出しない場合

次に、プロミスご利用中に源泉徴収を提出しない場合はどうなるのか説明していきます。

上述した通り、以前提出した源泉徴収票などの収入証明書類の発行日から3年以上経過した場合には、再度収入を証明する書類を確認しなければなりません。

そのため、今現在プロミスをご利用されている方の中で、源泉徴収票などの収入証明書類を求められた場合に提出しなければ、それ以降の借入が一時的に停止されてしまいます。

これは先ほどの総量規制のルールに基づいたものとなっていますので、必ず提出しておきましょう。

もし源泉徴収票などの収入証明書を提出できなかった場合には、貸金業法に違反してしまうことから、提出できるまで一時的な利用停止となってしまいます。

その後、源泉徴収票などの収入証明書を提出すれば利用再開となるのですが、何かしらの事情で提出できない場合には、それ以降の借入はできません。

その後の返済に関しましては、契約時の内容に準ずるので、今まで通りの金額を返済していく形となります。

あくまでも新たな借り入れができなくなるだけで、一括返済などを求められることはありませんので、その辺りは安心しておいてください。

仮に「源泉徴収票などの収入証明書類を提出できたけど、3年前と比べると大幅に収入ダウンしている」といった場合には、改めて利用限度額が設定される可能性もあります。

なので、プロミスに源泉徴収票などの収入証明書類を提出できたとしても、借入ができなくなってしまう場合があるといったことも頭にいれておきましょう。

源泉徴収を提出しないのであれば他の書類でも対応可能!

プロミスをご利用のお客様で源泉徴収票を提出しないのであれば、他の収入証明書類でも対応可能。

プロミスから収入証明書類を求められたときにしっかりと提出することで、希望借入額までの借入が可能となることもありますし、3年以上ご利用の方も継続して借入することも可能です。

そんな源泉徴収票以外の収入証明書類には、以下の3つがあげられます。

1.給与明細書

・直近1年間に賞与がないお客様……直近2ヶ月分の給与明細書
・直近1年間に賞与があるお客様……直近2ヶ月分の給与明細書と1年分の賞与明細書

2.確定申告書(最新のもの)

確定申告書では、証明年度が前年分のものを用意しましょう。
ご提出日が1月1日~3月31日の場合は、証明年度が前々年分のものでも受付可能。

3.税額通知書・所得(課税)証明書

税額通知書や所得(課税)証明書でも対応可。
所得(課税)証明書は、「収入額」と「所得額」の記載があるものが必要です。

ご提出日が、1月1日~6月30日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもので、

ご提出日が、7月1日~12月31日の場合は、証明する年度が前年度のものを用意しておきましょう。

もしプロミスをご利用のお客様で源泉徴収票を提出しないといった方で、これらの収入証明書類が提出できるのであれば、ぜひこちらで対応してみてくださいね。

ただし、これらの書類が提出できたとしても内容や他社の借り入れ状況によっては、ご利用限度額が制限されることもあるので注意が必要です。

プロミスには源泉徴収提出キャンペーンあり!?

不定期でありますが、プロミスでは源泉徴収提出キャンペーンといったサービスを行うことがあります。

源泉徴収票などの収入証明書の提出を求められていない場合でも、キャンペーンに参加することができるので、とってもおすすめです。

また、過去に源泉徴収票を提出されている方は、そのままキャンペーンに参加することが可能なのでぜひお試しください。

キャンペーン内容につきましては、最高で10万円分の選べるプレゼントが当たります。

実際の選べるプレゼントには、電子マネーギフトやクーポン、プリペイドカード、QUOカードなどから選ぶことが可能。

不定期で開催されるキャンペーンなので、もし開催されていた場合にはぜひ応募してみてくださいね。

ただし、プロミスご利用中に返済の延滞を起こしてしまうと、キャンペーンに参加することができないので注意が必要です。

まとめ

今回は、プロミスへ源泉徴収を提出しない場合はどうなるのか?といったことについて徹底調査してみましたが、いかがでしたでしょうか?

プロミスでは、源泉徴収票などの収入証明書類を求められたときに提出しないと、審査に通らなかったり希望利用限度額に達しなかったりすることが分かりましたね。

また、これまでにプロミスを利用されてきた方は、今後借入ができなくなってしまうといったことにも気を付けなければなりませんでした。

これからプロミスにお申し込みされる方や今現在プロミスを利用されているといった方は、今回ご紹介したことに気を付けてプロミスをご検討やご利用してください。

不定期ではありますが、源泉徴収キャンペーンなども行っています。

もしあなたがご利用中に源泉徴収キャンペーンが開催されているのであれば、ぜひ応募してみてくださいね!

-プロミス
-,

Copyright© キャッシング戦士 , 2019 All Rights Reserved.