借りたいのは、今でしょ!!即日キャッシングが可能な消費者金融系カードローンなど紹介しています

キャッシング戦士

プロミス

プロミスの瞬フリは土日でも振り込まれるのか?

投稿日:2018年12月24日 更新日:

プロミスをご利用の方の中で、なかなかお金を借りに行く暇がないなんて経験ありませんか。
家にいたり、オフィスにいたり、現場作業をしていたり、なかなかコンビニやプロミスATMに行く時間も取れない時ってありますよね?
プロミスには瞬フリという非常に便利で忙しい人のためのサービスがあります。
瞬フリ自体は利用したことがあるという方でも、土日の金融機関休業日に旅行などでATMなどが近くにないところにいるときにでも振込できるのかは便利なポイントとしては重要なこととなります。
今回、その便利な瞬フリについて

  • そもそも「瞬フリ」とは?土日でも利用できるのか
  • 「瞬フリ」の手続き方法

の各項目について解説したいと思います。
忙しい現代人の為に作られた便利な仕組みのプロミスの瞬フリについて、これを読むだけですべて理解できるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。

そもそも「瞬フリ」とは?土日でも利用できるのか

ここからは、そもそも瞬フリとは何か、また土日でも利用できるのかについて解説します。
名前を聞いた感じですと、瞬間的に振り込まれるのかな?と思えますが、内容について詳しく解説します。
瞬フリとは振込キャッシングの意味で、最大の売りは24時間365日最短10秒で振込するというサービスです。振込キャッシングとは、現金で出金するスタイルではなく、利用者の方の名義の銀行口座に直接振り込む形で借入が成立するものとなっています。
振込手数料もかかりませんので、便利であり、お金を準備するという点においては非常に便利なサービスです。
続いて土日にも利用できるのか、という点です。
24時間365日最短10秒が売りのこのサービスですが、金融機関によって利用可能な時間が異なるようなので注意が必要です。
基本的に24時間365日最短10秒で振込がされる金融機関は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

上記銀行に対する瞬フリは24時間365日対応可能となっています。
首都圏にお住まいの方であれば、三井住友銀行や三菱UFJなどはなじみがあって、口座開設は容易だと思いますが、なかなか地方にお住いの方には困難な方もいると思います。
そのような方は、ジャパンネット銀行にて口座開設を行うのが良いと思います。
ジャパンネット銀行はネット系の銀行ですので、ネットで口座開設の手続きが完結します。
瞬フリのための口座として開設しておくのもよいと思います。
また、ネット系の銀行はどうも苦手、信用できないなどと感じている人であれば、ゆうちょ銀行で口座を持つことが良いと思います。
ゆうちょ銀行、つまりは郵便局ですので、全国どこにでも支店があります。
簡易郵便局でなければ口座開設は、すぐに手続できますので便利です。
その他の銀行はどうでしょうか。
24時間いつでも対応可能な大手銀行と同様に大手のみずほ銀行では、平日の9:00~14:50(銀行窓口営業時間)であれば最短10秒での振込に対応していますが、その時間以外では翌営業日の9:30頃に振り込む扱いとなります。
営業時間外は翌営業日の9:30頃に振込む形となりますので、当然みずほ銀行では土日に瞬フリでキャッシングができないということになります。
それ以外の金融機関ですと、平日であれば0:00~24:00、土日であれば8:00~23:50まで振り込まれるところが多いようです。
利用者の方がお持ちの金融機関の提携時間を確認しておく必要があります。
プロミスの瞬フリには、メンテナンスによるサービス停止時間がありますのでご案内しておきます。

  • 毎週月曜日0:00~7:00
  • 1月1日0:00~24:00
  • 1月2日0:00~7:00

以上の時間帯では瞬フリが利用できないので注意が必要です。
また、予約受付のみの時間帯も併せてご案内します。

  • 毎週土曜23:30~24:00
  • 毎週日曜0:00~4:00、18:50~24:00
  • 毎週月曜7:00~8:00
  • 1月2日7:00~1月3日
  • 5月3日~5月5日

以上のようになっています。
利用できる時間帯を覚えるよりも、利用できない時間帯をよくと認識しておく必要があると思いますので、注意しましょう。

「瞬フリ」の手続き方法

ここまで、そもそも瞬フリとはなにか、土日も利用できるのかということについて説明してきました。
ここからは、瞬フリの手続き方法について解説します。
まず、 会員サービスにログインします。
Web-IDとパスワード、またはカード番号とカード暗証番号を入力します。
続いて、「お客さま情報の照会・登録/変更」の「振込先口座登録・変更」から、希望の振込先口座(利用者名義)をご登録します。(すでに登録している場合、再度の登録は必要ありません。)
この手続きでは、今まで登録されていた振込先口座を変更することもできます。
その後、「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から、振込キャッシングの申込みを行います。
そして、振込金額を入力し、振込完了(最短10秒で振込み)。
という流れになります。
全ての手続きがネット上で完結しますので、忙しく外出する暇がない時などでも、休憩時間にポチッとすれば最短10秒で振込されます。
あらかじめ振込先口座を登録しておくことでさらにスムーズに利用することができます。

まとめ

ここまで、プロミスの瞬フリについて様々な点について説明してきましたがいかがでしたか。
便利になり続ける世の中で、ネットを利用したマネーツールとしては消費者金融がやはり最先端であると思います。
今回の解説内容は以下の通りでした。

  • そもそも「瞬フリ」とは?土日でも利用できるのか
  • 「瞬フリ」の手続き方法

一般的に銀行などの金融機関は土日が休みとなります。
そんな中、消費者金融の振込手続きが土日にできるということ自体知っている人が少ないかもしれません。
知っている人だけがメリットを受けられる時代となっていますので、ぜひよく理解していただきたいと思います。
このプロミスが取扱う瞬フリは、瞬フリを利用することで金利が高くなる、手数料がかかるということが全くありませんので、非常に利用者目線のサービスであると思います。
便利なサービスを最大限利用し、計画的な返済も併せて行うようにしましょう。

-プロミス

Copyright© キャッシング戦士 , 2019 All Rights Reserved.