コラム

即日キャッシングを受ける時に、審査で必要になる書類とは?

更新日:

みなさん、お金足りていますか?まぁ、大体の人は足りてないですよね。急な出費で困ることって結構多いと思いますが、「キャッシングって何か怖い」とか、「一度借り入れしたらどんどん悪い方に行きそう」ってイメージありますよね。

今回は、キャッシングの借り入れで5社以上ほぼ総ナメした「キャッシングマスター(笑)」の私が、初めてキャシングを考えているあなたに、即日キャッシングを受ける方法を解説したいと思います。

ちなみに、キャッシングやクレジットカードなどで借りに借りまくった私は、数年も経たない内に多重債務者となりました。そして、その後各社と交渉・調整しながら、お金の使い方を心底考え、今は全ての会社で完済しています。そういった経験から、キャッシングのポイントも合わせて紹介していきます。

即日キャッシングまでの流れ

そもそも、キャッシングまではどのような流れになるのでしょうか?まずは、申込みからの流れについて説明したいと思います。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. キャッシング用のカード発行
  4. 借り入れ

という流れになります。

即日でキャッシングがしたいとなると、この③のカード受け取りを当日中に出来るようにする必要があります。また、④でも振込みを選んでしまうと、平日の15時以降や土日祝日だと即日キャッシングできなくなってしまいます。

一つ一つ詳しく見てみましょう。

申し込みに必要な書類とは?

今回のメインとなる、キャッシングに必要な書類について解説していきます。初めてのキャッシングって何を用意すればいいか、よく分からないですよね。
必要な書類は大きく分けると2種類です。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書

 

本人確認書類って何を用意すればいいの?

本人確認書類は、例えばFX取引などで提出する際にも、だいたい同じルールで決まっています。ちなみに、免許証の本籍や個人番号(マイナンバー)が記載されているものは黒く塗りつぶして出してくださいね。

顔写真付きのもの→1点でOK!

運転免許証、個人番号カード(写真付き住民基本台帳カード含む)
menkyosyou

ここで注意点としては、個人番号カードというのは、通知カードとは違います。個人番号カードは別途申し込んで写真付きの証明書を発行する必要があります。

また、パスポートは顔写真付きの証明書なのですが、もう1点必要なパターンにカウントされていたり、そもそも証明書としてカウントしなかったり、会社によってバラつきがあるので、自分が申し込む会社はどうなっているか、一度確認してみるのがいいと思います。

顔写真がついていないもの→もう1点必要です

顔写真がついていない本人確認書類というと、健康保険証などがそうです。
honninkakunin_kaosyashinnashi

この場合は、もう1点の書類として、住民票、公共料金の領収書、納税証明書のいずれかが一つです。ちなみに、公共料金の領収書は、発行日または領収日が6ヶ月以内のもので電気、ガス、水道、固定電話、NHKのどれかとなります。注意したいのは、携帯電話の領収書は含まれません。

また、意外な落とし穴としては、運転免許証など顔写真付きの本人確認書類があっても、記載されている住所が現住所と異なっている場合は、このもう1点必要なパターンになるので、注意が必要です。

 

収入証明書が必要な方は?

収入証明書って言われても、あまり馴染みがないですよね。キャッシング利用する全ての人が収入証明書を必要というわけではありません。申込みの時に収入証明書が必要な方は、

  • ご利用限度額が50万円を超える場合
  • ご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
  • 既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

のどれかの条件に当てはまる方です。

このあたりは、貸金業法という法律が改定されて、貸しすぎを防ぐために確認が必要になりました。収入の1/3を超える新規の借り入れが禁止されたため、それをチェックしています。

 

収入証明書ってどんなの!?

では、収入証明書とは具体的にどういうものなのでしょうか。以下に挙げるもののうち、1つが必要となります。

源泉徴収票

kakuteishinkoku
最新年度(証明年度が前年度分)のもの、申込者本人のフルネーム記載、支払金額(年収額)記載、現在の勤務先記載、がされているものが条件になります。

給与明細書

kyuyomeisai
基本的に直近1ヶ月分でOKですが、住民税(地方税)の記載がない場合や、入社が前年1月以降の方は直近2ヶ月分が必要となります。申込者本人のフルネーム、発行年月、勤務先名(発行元)、月収が明記されていることがポイントなります。

また、記載内容が手書きの場合、勤務先の社判または社印が必要となり、担当者の印のみでは受付されないので注意です。それから、賞与明細書がある場合は直近一年分も必要となります。

市民税・県民税税額決定通知書

shizeitsuchi
現在発行(交付)される「最新年度」のものですが、最新年度のものが発行(交付)されていない場合は、前年度1~6月のものでOKです。申込者本人のフルネーム、収入金額・所得金額、発行日・発行元の記載は他の書類と同じですね。

書類の呼び方や時期は市区町村により異なっている場合があるので、「これで合っているかなぁ」という方は一度市区町村役場に聞いてみるといいですよ。

所得証明書

syotokusyoumei
最新、フルネーム、金額、発行日/元の記載は他と同じです。住民票などと同じように、市区町村役場で有償発行してもらいます。役場によっては、土日に発行できるところもあるので、急ぎで土日にキャッシングしたくて、他の書類が用意できそうもないときは、一度調べてみるのがオススメですよ。

確定申告書・青色申告書・収支内訳書

kakuteishinkoku
実は、確定申告の書類も収入証明書として使えます。税務署受付印または税理士名の記載が必要となります。税務署受付印がない場合は、余白に税務署に提出した日付と提出した税務署名を書くことでOKとなっています。

ただ、注意書きとして、税務署受付印、税理士名の記載がない場合は受け付けられない場合があるとなっているので、不安な方は別な書類を用意する方が無難かもしれません。また、電子申告(e-Tax)で受付日時の記載がない場合は、申告書送信票または受信通知等も必要となります。

申し込み方法はどれくらいある?

さて、キャッシングに必要な書類がクリアになったところで、実際に申し込むときにはどういった方法があるのでしょうか。

インターネット

PCだけでなく、スマホでも申込み可能です。申込みと審査が平日の時間内に済めば、即日振込みも可能です。

店頭窓口・自動契約機

窓口や自動契約機は一番早く、確実です。さらに、キャシング用のカードをその場で受け取れるのも大きなメリットです。土日など振込が利用できない場合にインターネットで申し込むと、審査完了後に自動契約機でキャッシング用カードを受け取るというのが即日キャッシングのポイントです。

また、自動契約機であれば人と話す必要がないので、お金を借りるのを見られるのが恥ずかしいという方にもオススメです。

電話

24時間365日電話受付可能です。その後、本人確認書類や収入証明書は、インターネット経由でアップロード、スマホのカメラアプリでアップロード、郵送、FAXなで送って審査を待ちます。

初めての申し込みで色々なことが聞きたい方にオススメですが、結果的に他の方法で書類関係を提出する必要があるので、急ぎであれば最初からインターネットや自動契約機などで申し込んだ方が早いです。

郵送

一度専用ダイヤルに連絡した後、書類が送られてきます。その書類に必要事項を記載して、必要書類を合わせて返送します。返送後に審査となるので、キャッシング完了まで時間はかかりますが、初めてのキャッシングで、ちゃんと金利や返済条件を細かく確認したい、という方にオススメです。

申し込み後の流れについて

必要事項と必要書類が揃ったら、その後は審査となります。審査な基準については、明確に開示されていません。もしもあなたが審査に落ちてしまったときに、その理由を聞いてもキャッシング会社は教えてくれません。

ただ、一般的に審査基準として言われるのは、「スコアリング」と呼ばれる各項目の点数化です。例えば、居住年数、勤続年数、年収などなどです。

また、審査は最短30分で完了します。ちゃんと返し続けられるかどうかというのを見ていますので、契約社員の方はもちろん、主婦(夫)や学生の方でも20歳以上で基準を満たせばOKです。

特に、主婦(夫)の方は配偶者の同意が不要というのはいいですよね。とは言え、経験上配偶者に内緒で借り入れをしてしまうと、後々家庭内でトラブルになる可能性が大ですので、みなさんは気をつけてくださいね(笑)

 

カードの受取とキャッシング方法

無事に審査が通ると、キャシング用のカードを受け取る必要があります。初回のキャッシングを銀行振込にした場合は、後日カードが郵送されます。このカードは、限度額に余裕がある場合の追加借り入れや返済の際に必要となります。

何度か書いていますが、即日キャッシングの肝は、振込の場合は振込対応時間までに審査まで完了する必要があるので、なるべく早い時間に行くこと。または、カードを自動契約機などで即日受け取るということです。カードがあれば、コンビニのATM等で借り入れ、返済が可能ですので、土日でも即日借り入れが可能となります。

即日キャッシングのまとめ

今回の即日キャッシングについての記事、即日借りられるイメージがついてきましたか?

初めて申し込む際に、即日キャッシングするために必要なものをまとめると、

  • 本人確認書類が必要
  • 50万円以上または、他社借入れ合計が100万円以上の方は、収入証明書も必要

また、即日キャッシングするためには、

  • 即日振込できるように審査まで完了できる
  • 自動契約機でカードを受け取る

ことも重要です。

ちなみに、キャッシングは「金利が高くてちょっと怖い」という方には、消費者金融が発行しているクレジットカードの方に申し込むのもオススメです。これは、クレジットカードの枠とキャッシングの枠が別々に設定されているので、上手く使いこなすことが可能です。

この2つの違いは、金利にあります。クレジットカードで買った場合は、基本的に1回払いなら手数料や金利は発生しません。カードで支払うことが出来ない急な出費にキャッシング枠を当てるといった方法がいいですね。

最後に、「借金は悪」という考え方がありますが、必ずしもそうではないと個人的には思います。やはり、資本主義社会である以上、お金は回さないとみんなが潤っていかないようになっています。しかし、無尽蔵に借りていいかというとそうでもなく、金利が高ければそれだけ払う額も多くなるので、借金地獄にハマりやすくなります。

そういった意味で、やはり返済の目途は必要ですし、金利は本当に重要になってきます。

よくある「ブラックでもOK」や、「審査に落ちた人も貸します」といったものは多くが金利が高く設定されていますので、なるべく大手の、金利が優遇されているところで借りることを意識するといいですよ。

-コラム
-, , , , , ,

Copyright© キャッシング戦士 , 2018 All Rights Reserved.