借りたいのは、今でしょ!!即日キャッシングが可能な消費者金融系カードローンなど紹介しています

キャッシング戦士

コラム

どこで金を借りることができますか?

投稿日:2018年11月17日 更新日:


「急な出費で給料日前までピンチ!」

「少しまとまったお金が必要」

そういうことって誰にでもあると思います。

では、そんなとき、どこで金を借りますか?

今回は

『金を借りるとき』

どこでお金を借りることが出来るか紹介していきたいと思います。

スグ必要かどうかと、金利は関係している!?

お金を借りるとき、大事なことは「いつ必要なのか」と「金利」の関係です。

大体、「お金が足りない」というときは、スグ必要な場合がときが多いですよね。

一方、お金を借りるときは、金利が低いほうがいいと思いますが、
金利が低いほうが、審査が厳しく、借りるまで時間がかかります。

ここでポイントとなるのは、「審査が厳しい」ということです。

そのため、初めてお金を借りるときには、少し金利が高いですが、ハードルが低いところで
信用をつける」というのも一つのてです。

「信用をつける」ってどういうコト?

金融の世界では、「信用」というのは、「お金をキッチリ返す」しかありません。

どんなに、「真面目そう」とか「しっかりしている」ように見えても、お金がなければ返せなません。
結局、お金を返してくれなければ、社会的な信用がどうであれ、「信用はない」のです。

例えば、「最大500万円貸します」というところでも、いきなり500万円貸してくれるところはまずありません。
返していく実績をつけて、「信用をつけて」から、増額を行っていきます。

これは、銀行の融資でも、消費者金融でも、お金を借りる上で基本的な考え方となります。

オススメは、消費者金融で借りるコト!

「ちょっとお金がピンチ!」ってときは、少しでも早く欲しいですよね。

そんなときにオススメなのが、消費者金融です。

消費者金融って怖いイメージがある方も多いと思いますが、消費者金融が無茶苦茶をやっていたのは昔の話。
今は、上限金利が見直されただけでなく、恫喝的な取り立ては違法ですし、対応も非常に丁寧です

消費者金融がオススメな理由は、最短即日審査、即日融資が可能なところ。
銀行は、どんなに早くても、当日の融資は出来ません。

消費者金融の、上限金利は18.0%です。

オススメの消費者金融は、プロミス!

消費者金融がオススメ、とは言っても、会社が多くて正直どれを選んでいいか、分からないですよね。

一つのポイントは、大手・知名度が高いところがいいです。
単純に「大手なら安心」というわけではなく、金融の世界では、規模がそのままお客さんの質に反映します。

いきなり、中小の消費者金融に申し込むと、消費者金融側は「この人は大手で借りられない何かがあるのだな」と思われがちです。
金利やキャッシングの条件(手数料、借りられる提携先)、対応など、結構実務的なところで影響が出てきます

キャッシング戦士的に、イチオシの消費者金融は、プロミスです。
ポイントは、
・知名度は抜群
・安心の三井住友銀行グループ
上限金利:17.8%(実質年率)
アプリによるローン可能(セブン銀行ATM)
カードも郵送物もないWeb完結可能
などが挙げられます!

さらに、30日間無利息サービスもあります。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

実際、消費者金融を比較している川になると気づきますが、「何となく聞いたことあるサービス」も、「この会社はAのサービスはあるけど、Bのサービスがない」というのは、結構多いんですよね。

特に、アプリローンは、郵送物なしが選べることや、即日融資を受ける上でカードを受け取らなくてもいいことと関係してくるので、かなり重要です!

プロミスの詳細は、こちらから

「信用情報に自信アリ」の方は、銀行カードローンがオススメ!

「何が何でも今日お金がピンチ」というワケでもなく、信用情報に自信がある方は、消費者金融よりも金利が低い、銀行カードローンがオススメです!

銀行カードローンの多くは、14%台の上限金利です。

「え、信用情報に自信がある」って、どういうコト?
信用情報に自信があるというのは、「属性」に自信があるということです。

消費者金融も銀行も、お金を貸す際には、属性の総合評価で審査されます
例えば、「一部上場企業の管理職」というのは、かなり高い属性です。
もちろん、それだけでお金を貸してくれるということにはなりにくいですが、家が持ち家(住宅ローン)で勤続年数も長いとなってくると、かなり通りやすくなってきます。

住宅ローンというのは、「借金」ですが、逆を言えば、数千万クラスのローンを組める「信用」があるということです。
もちろん、派遣社員の方やアルバイトの方でも、安定した収入があれば申し込めますよ。

申し込み書に書く内容は、それぞれが「属性」になっていると考えもらって構いません。
ちなみに、この各属性を点数化して、総合点数で審査することを、「スコアリング」方式の審査と言いますが、どの会社も審査基準は明らかにしていません。
「何が何点」とか、「何点で合格」とか、「なんで審査に落ちたのか」などは絶対に答えてくれません。

「よく見せよう」と嘘の内容を書いてしまうと、悪質な犯罪行為として見なされます。
一度審査が通った後でも、一括返済・今後の借入れ禁止など、非常に厳しい対応を迫られるため、嘘を書くことは絶対にやめましょう。

実は、他にもお金を貸してくれるところはある!

多くの方が、お金を借りるなら、消費者金融か銀行か悩んでいるかと思います。

ただ、実は、それ以外にもお金を借りることが出来るトコロがあります。
最後に、「え、こんなところから!?」というところも紹介します。

ただし、最初に紹介したように、金利が低くなると、それだけ手続きも複雑になってきます。
どこでバランスを取るかがポイントですね!
あなたの状況に合わせた借り方を、チョイスしてもらえればと思います。

社会福祉協議会で借りる

意外と知られていないのが、各都道府県・市区町村にある社会福祉協議会です。
社会福祉法人のため、公的機関ではなく、1つの民間団体ですが、「地域の推進役」として地域のサポートを行っています。

その一環としてあるのが、「生活福祉資金(緊急小口資金)」です。
「生活の一時的なつなぎ」として、無利息で最大10万円まで借りることが出来ます。

申込みには、生活の状況や貸付が必要の理由、生活費の内訳、返済の計画など、きっちりとした書類を完成させる必要があります。
また、審査期間が数週間かかります。

それでも、無利息というのは大きいですよね。

ゆうちょ銀行で借りる

ゆうちょ銀行で、定期預金を持っている方は、定期預金を担保に借りることが出来ます。
一定期間・一定額以上の預金実績が必要ですが、これもあまり知られていません。

また、定期預金だけでなく、口座で管理している、財産形成貯金や国債を担保にして借りることも出来ますよ。

用途別ローンで借りる

用途を限定したローンというのは、何に使うか明確になっているため、用途が自由なフリーローンに比べると、審査が通りやすい傾向にあります。

特に、教育ローンなどは自分のためではありませんし、奨学金制度との併用も可能です。

自動車用のローンも、生活に必須な場合が多く、金利も低めに設定されています。

フリーローンを使うということは、「用途が限定されたローンが使えない用途なんだな」と思われかねませんので、用途別の専用ローンがある場合は、そちらで検討してみるのも手です。

お金を借りられるところのまとめと、最大の注意点

どこでお金を借りたらいいか、自分なりのイメージは付いてきたでしょうか?

借入れまでのスピード感、手軽さと金利は密接な関係にあるので、ポイントは、どのあたりでバランスを取るか、ですね。

最初の借入れとしては、消費者金融、特にプロミスがオススメです。
プロミスの詳細は、こちらから

最後に、「もし、A社がダメでも、他があるからいいや」という発想は、非常に危険です。
融資の申込みをすると、必ず個人の信用情報を管理している機関に、情報が照会されます。
その際に、過去6ヶ月以内のものは、「どこ」に申し込んで、融資が通ったか(通った場合はその金額)まで、バッチリ書いてあります。

多くの会社は、ここに申込みNG履歴があると、「あの会社はNGにしたのか」と右に習えで、審査以前にNGにする場合もあります。
申し込む前に、しっかり比較や検討して、申し込むのがオススメですよ!

-コラム
-, , , , ,

Copyright© キャッシング戦士 , 2018 All Rights Reserved.